通常の講義は教授1人が大勢の学生に向けて行うものをいいますが、ゼミは教授1人と10〜15人程度の少人数の学生で行います。

   教授主導の講義とは異なり、学生が研究発表や制作を行い、
   それに対して他の学生と教授と討論をするという双方的なコミュニケーションを行える貴重な場となっています。

   また講義で培った各学科の基礎的な知識を活用し、ゼミではさらに専門的なテーマについて深く研究がすすめられます。

   大学はクラス単位で行動するのではなく、講義の選択はほぼ個人の自由となります。その中でも1年間あるいは2年間を共にし、
   研究発表にむけて励ましあい、時には衝突したりするなどの困難を乗り越えた仲間とは固い絆が構築されます。

 
   1年次―各学科の基礎的な知識を身に着けながら、
         レポートの書き方やプレゼンテーションの方法など4年間の基盤となる活動を行います。

   2年次―各自の関心に基づいて、より専門的な研究に取り組みます。
         文献購読やフィールドワークなど実践的な学習に力を入れます。

   3年次―個人やグループでテーマを設定し、発表・討論を繰り返して研究を進めます。
         人の発表から多くのことを学べます。

   4年次―3年次で研究した内容をもとに、論文指導や発表を通じて
         大学4年間のゼミの集大成といえる卒業論文を制作します。

 
   「ゼミの武蔵」と言われるほどゼミに力を入れている武蔵大学です。

   他大学では珍しい、入学してすぐの1年生から必修科目としてゼミ活動が始まります。

   慣れない大学と慣れないゼミ活動で最初は戸惑うかもしれませんが、その分教員のサポートがしっかりしており、
   活動がスムーズに行えるような環境づくりや機材の準備が備わっています。

   またゼミ大会、卒業論文報告会、シャカリキフェスティバルなどを目標に研究を進めることによって
   努力の成果が目に見えてわかるやりがいのある4年間のゼミ活動です。