講義

基本情報

・大学の講義は一コマ90分
・午前中二コマ、午後は最長で三コマ
・一限は9:00スタート
・五限(最後の講義)は17:50に終了


講義の種類

必修科目・・・語学等の卒業に必要な科目。落とせない。勝手に大学側が時間割を決めてくるので、運が悪いと土曜日も学校へ…
        ex)英語、第二外国語

総合科目・・・全学部共通の科目。社会科目や理科科目、体育等がこれにあたる。ここでいかに楽な講義(楽単:楽に単位がとれる)をと         れるかが重要。入学したら先輩に聞きまくるのがベター。

その他にも展開科目、学部共通科目等色々あるが一年生のうちに気にするべき科目は上記の二科目である


講義を選択する際の注意点

前提として、講義にはそれぞれ成績のつけ方が異なることを知って置くとよい。
成績のつけ方は主に3つあり、
・平常点:授業の出席率や授業態度等
・レポート:与えられた課題に沿ってレポートを書く。授業によって異なるが2000字が目安
・期末試験:その名の通り学期末に行う試験。
がある。

ここで注意すべき点は、期末試験にはノートやレジュメ(授業内で配ったプリント)等を持ち込んでよい講義とそうでない講義がある。
また、講義によっては出席をとる講義ととらない講義が存在するので、その点もしっかりと調べる必要がある。

おすすめ&気を付けるべき講義

おすすめ

教授一覧

・池田 慎・・・どの講義も出席、レポート、試験のすべてがあるが、レポートはA41枚であり、テストは持ち込み可能。
        とりあえずこの教授の講義はとっておいて損はない。おすすめ講義は「地球の自然史」

・村杉 靖男・・・キャリアデザインという講義を主に担当。試験は持ち込み不可だが、毎年出題傾向が同じのため、
          過去問さえ手に入ればこっちのもの。講義自体も面白く、ためになる。

堀 泰裕・・・「情報技術と人間社会」は内容自体も面白く、また最初の講義でレジュメを全授業分配り、出席調査もない。
        試験は持ち込み可でしかも選択問題。レポートが少し大変。

注意