私の所属しているメディア社会学科は、メディアを通して、またメディアによって変化してきた今までの社会、

そしてこれからの社会について学ぶ、多様な知識を与えてくれる学科であると思っています。


メディア社会学科の4年間の流れはこうなっています。

 
 
武蔵大学の特色はやはりゼミだと思います。

特にメディア社会学科ではレポートの書き方やディスカッション能力だけでなく、

選ぶゼミによってはドキュメンタリー番組を作ったり被災地にインタビューに行くなど実際に自分でメディアにかかわる職業の

疑似体験もできます。


中にはゼミの1回目に学生にやりたいことを聞きその内容を授業で扱ってくださる教授もいらっしゃいます。

ゼミの種類は多様なのできっとやりたいことができると思います。



展開科目は上の表にある科目名を見てわかるとおり、メディアや社会に関する様々な授業があります。

ここではきっと学びたい知識が学べると思います。

メディア社会学科の講師の方々は元テレビ局ディレクターの方など様々な知識、そして個性を持った方ばかりです。

教授によっては授業に関係のない、でもメディアを学びたい生徒からしたらとても興味深い話が聞けたりもして楽しいですよ。