私が所属しているサークルを紹介いたします。

武蔵大学本部団体 「学友会本部」 と、武蔵大学アカペラサークル 「amoroso」 です。


                           学友会本部

武蔵大学生は入学時に学友会費を全員払っているため、全員が学友会の会員です。

この会費を全武蔵大学生のためにどう使用するか予算計画をし、実行するのが主な学友会本部の仕事です。


学友会本部の一番大きな仕事は 学生大会 をすることです。

学生大会とは、毎年6月に学友会本部が立てた本年度の予算計画を学生の皆さんに報告し、

それに賛成してくれるかどうかを判断するものです。ここで承認されないと、部費やその他学校で予算を使用したくても

使うことができずいろいろなところに影響を及ぼすため、とても重要な大会です。


授業のあと、5.6限の時間に行われ、武蔵大学生の3分の2の出席が必要なためたくさんの方の協力を得て毎年

行っているのですが、人数が多いので1年生で初めてこの仕事をしたときは入場整備から人数確認、承認の人数を数えるなど

仕事がたくさんあり思っていた以上に大変でした。


全学生から集めた学友会費を使用する責任感は重く仕事もその時期は大変ですが、やはり終わったあとの満足感は

ここでしか味わえないものだなと思いました。


学友会は、会長・副会長・財務・書記・広報・サークル・総務に分かれていて仕事を分担しています。

ここには学友会の仕事内容はとても書き切れないので、興味のある新入生は新歓期間に学友会ブースに来て詳しい話を

聞いてくださるとうれしいですね。


ちなみに新歓期間とは、例年入学式の週に行われる部活やサークルその他団体が新入生を獲得するために校内で

ブースを開いたり直接校内で勧誘したりしていい期間です。「機関紙むさし」という団体一覧を見ながら興味のある

ブースなどに行ってみてください。武蔵には楽しい団体がたくさんありますよ。


                    (写真:学友会開催クリスマス抽選会)
 





                     
アカペラサークル「amoroso」


「amoroso(アモローソ)」はサークルとして4年目というとても新しいアカペラサークルです!

新しいため毎年行うことは異なり、来年もまた何か新しいことに挑戦すると思いますが、去年の流れはこうでした。


 4月 ・新歓期間(アカペラ披露)
 5月 ・明治学院大学と合同ライブ
 6月 ・スタートバンド発表(全員先輩と組んでアカペラを知る)
8月  ・夏合宿
 9月 ・夏ライブ 
 11月  ・学園祭ライブ
・新人ライブ
 12月  ・クリスマスパーティー
 1月  ・新年会
・amoディズニー
 
 2月  ・卒業ライブ
 3月  ・冬合宿
 


私は音楽の経験が全くなくアカペラのことも全く分からないままサークルに入ったのですが、

サークルに入ったらすぐにグループ分けされ「スタートバンド」というバンドでアカペラについて先輩方に教えてもらえたので、

何の心配もなくメンバーに加わることができました。

大学生は社会に出てからではできないこともあるので、新しいことに挑戦してみてはいかがですか?